読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年5月3日

久しぶりに家に帰ったついでに何か書こうと思った。


2時間ネットサーフィン。人のパソコンを使うわけにもいかなくて、しばらくしてなかったことに気づく。それなりに楽しめた。


柴田聡子のいきすぎた友達を繰り返し聴く。

すっごくいい。

朴訥とした中に唐突な性が混ざると惹きつけられてしまう。きちんとしようと思った。


一年が経ち、愛情に変わってしまったのを感じる。いいことかもしれないけど、当時のことを眩しく思う。 

いまでは隣で寝ていても安心してぐっすり眠れる。肌が触れ合うことを当然のように思う。



これまで仲良くやってきた。仕事も忙しくなってきた。やっぱり家が遠い。


そんなことから、わたしは引っ越すことにした。


高円寺から徒歩15分ほど、職場からは20分くらい。交際相手の隣の部屋。


隣人が彼氏になることはあっても、わざわざ彼氏を隣人にするケースはあまりないと思う。一緒に住めばいいのに、わざわざ隣なんて。


とにかく珍しいと思うから、できるだけ日記を書いていきたいと息を巻いている。